フィッツロイのトレッキングコースと準備



パタゴニアを訪れる人が間違いなく目指す山、フィッツロイ。特に展望台までトレッキングして、朝日に染まるフィッツロイを拝むトレッキングコースは非常に人気があります。今回はフィッロイのトレッキングコースと準備について紹介します。

フィッツロイとエル・チャルテンへのアクセス

フィッツロイの拠点となる町はエル・チャルテン。空港のあるエル・カラファテという町からバスに3時間弱ほど乗ると到着します。



バスの便数はそれほど多くありません。朝・昼・夕に各1本ぐらいだったはずなので注意してください。また道中はこれぞパタゴニアという景色があふれているので、ぜひとも窓際の席を確保しましょう。可能であれば最前列を指定してください。天気が良ければ正面にフィッツロイが見えます。




バスはエル・チャルテンの外れにあるビジターセンターで停車します。センター内では係りの人がトレッキングについて注意点を説明してくれます。英語でも説明してくれるので安心です。ここでトレッキングコースを記した地図が手に入るので、忘れずに入手しましょう。

ごくまれにエル・カラファテからエル・チャルテンにヒッチハイクで向かう人もいるかと思います。ビジターセンターで降ろしてもらうか、町に到着後にビジターセンターに寄るようにしてください。

トレッキングコースの紹介

フィッツロイ近隣にはトレッキングコースがいくつかあります。代表的なコースは下のとおりです。

https://elchalten.com/eng/mapas/sitios-acampe-camping-el-chalten.php

ロス・トレス湖

最も人気が高いのがロス・トレス湖へのトレッキング(青い線)。一番近くからフィッツロイを眺めることができます。ただしコースの最後には急傾斜な岩場が待っているので注意が必要です。道中にはフィッツロイ展望台があり、そこからでも迫力満点なフィッツロイを眺めることができます。

紅く染まるフィッツロイを見るためには日の出の時間に合わせてロス・トレス湖かフィッツロイ展望台に到着するように計画を立てる必要があります。標準的な方の場合、フィッツロイ展望台までは1.5時間、ロス・トレス湖までは4時間ほどかかります。たとえば日の出が6時なら出発時刻はそれぞれ4時半、2時ごろとなります。

ただし深夜にエル・チャルテンを出発してロス・トレス湖を目指すのは個人的にはおすすめできません。道中のキャンプ場に宿泊することを強くお勧めします。
(理由については次回の記事で説明します)

マエストリ展望台

続いて人気なのがフィッツロイ、セロ・トーレ(山)の両方を満喫できるトレッキングコース(赤い線)。道中のキャンプサイトに泊まるのであれば、ロス・トレス湖の帰りに寄ることも可能です。

Loma del Pliegue Tumbado

Loma del Pliegue Tumbado(読み方わからない……)を目指すトレッキングコース(緑の線)はあまり人気がありませんが、天気が良ければすばらしいパノラマビューを満喫できるそうです。ただしずーっと上り坂がつづくので、結構しんどいらしいです。

ロス・コンドレス

時間がほとんどない方、あるいは激しいトレッキングはちょっと……という方にお勧めしたいのがロス・コンドレスを目指すコース(紫色の線)。30分前後で展望台まで登ることができます。エル・チャルテンの全景とフィッツロイを同時に眺めることができるのでおすすめです。

エル・チャルテンに何日滞在するべきか

フィッツロイのトレッキングで最大の課題は天気。別名「煙を吐く山」と呼ばれているように、フィッツロイには高確率で雲がかかっています。

雲がかかったフィッツロイも悪くはありませんが、せっかくトレッキングをするならぜひとも天気の良い日に行きたいところ。特に朝日に染まるフィッツロイを見たいのであれば、絶対に晴れた日を待ちたいですよね。感覚的にですがフィッツロイが晴れるのは2~3日に1日程度。余裕があれば挑戦したいコースの数 x 2~3 ぐらいの日数はエル・チャルテンに滞在することをおすすめします。

天気については、たとえばこちらの天気予報のサイトを参考にしてください。ただし天気は非常に変わりやすいので参考程度と考えたほうがいいと思います。

エル・チャルテンでするべき準備

エル・チャルテンの町は端から端まで30分ぐらいで歩ける程度の小さな町。フィッツロイに挑む観光客向けのレストランや宿がたくさんあり、非常に居心地のいいところです。トレッキングで必要な水や食料はスーパーで調達できます(あまり品ぞろえはよくないけど)。トレッキング用品のレンタルショップもあるので、トレッキングシューズやトレッキングポールを借りておきましょう。キャンプをする人はテントや寝袋も借りられますよ。

レンタルショップの場所はこちら



またトレッキングに出かける前に必ずしておいてほしいのがオフラインの地図アプリ「maps me」 のダウンロード。google mapよりもはるかに詳しくトレッキングコースが載っています。特に深夜にトレッキングする場合、地図や位置情報は命にかかわります。忘れずにダウンロードしておきましょう。


以上でフィッツロイに挑むための下準備は終了です。次回、体験記につづきます。