トレス・デル・パイネ国立公園でWトレックに挑戦!(3日目)

前回につづいてトレス・デル・パイネ国立公園でWトレックに挑戦した体験談です。今回は3日目(最終日)を紹介します。

3日目の行程

最終日の3日目はグレイ氷河の展望台まで行き、その後にキャンプサイトに戻って船でバス乗り場に移動、プエルトナタレスへ帰還します。
初日のように急こう配の岩場もなければ2日目のように重い荷物を背負って長距離を歩く必要もない、間違いなく3日間で一番負荷の少ない行程なのですが……


右足の膝がもうヤバい。。


初日と2日目の無理がたたって腸脛靭帯炎(ちょうたいじんたいえん)という炎症が起こってしまいました。膝を曲げるたびにピキピキという痛みが走ります。もう下りは松葉づえ(トレッキングポール)がないと歩けません。そして最終日の3日目はキャンプサイトから船に乗って帰らなければなりません。その最終便は午後6時発。つまりなんとしてもそれまでには下山して戻ってくる必要があります。

この膝の状態で時間内に戻れるか不安でしたが、ここまで来たので這ってでも展望台まで行くことにしました。

早朝のキャンプサイト

泊まったキャンプサイト(パイネ・グランデ)はパイネ・グランデ(山)、クエルノス・デル・パイネ、ペオエ湖に囲まれていて、眺めが最高でした。ちょっと寒いですが夜が明けていくのをぼーっと眺めるのがおススメです。この日は湖岸で5匹ぐらいのキツネも見ることができました。






キャンプサイト~グレイ氷河

朝食のリンゴとバナナを食べて朝の9時ごろにキャンプサイトを出発、重い荷物はキャンプサイトに預けられます。しばらくはなだらかな坂を上っていきます。

45分ぐらい登ったころ、ちょっとしたビューポイントに到着しました。

一休みしてすこし平らになった道を進んでいきます。このグレイ氷河の展望台に続く道は前半は登り、後半は下りになっています。山の頂上部に差し掛かるころになると遠くにグレイ氷河が見えてきました。

ところどころに流氷が浮かんでいるのも見えます。やっぱり景色がいいと歩いていても楽しいですよね。

しかし。ここからは下りです。どれだけゆっくり歩いても右膝がピキピキします。。しかもこの後半部分は道も悪いんですよね。岩肌がむき出しの崖のようなところを下らないといけなくて、しかもそこには水が川のように流れていたり。体を支えるのが精いっぱいで写真を撮るのも忘れてしましました。

歩くスピードは登りの時の1/3ぐらいまで下がってしまいましたが、出発から3時間半たったころになんとか展望台に到着。


グレイ氷河の本体は写真の奥のほうに小さく見えるだけですが、そこから分離した氷塊が流氷となって岸辺まで流れてきています。氷塊のザクザク感がたまりません!

ちなみにあと1時間ぐらい歩くとさらに近い場所から氷河を見られます。ただしペリト・モレノ氷河に行く人はそっちで大迫力の氷河を見られるので、無理しなくてもいいのかも。

展望台には氷河の後退を表した図があります。

けっこう衝撃的な後退量ですよね……1986年(黄色いライン)までは上の写真で流氷が溜まっているエリアも氷河で覆われていたのに。残念ですがちょっとやそっとの温暖化対策をしたぐらいでこの流れは止められないと思います。グレイ氷河に限らず、氷河を見てみたい人はなるべく早く見に行くことをおすすめします。「仕事が忙しいから」とか言って先延ばしにしていると見られなくなっちゃうかも。

その後、おにぎりを食べながらゆっくりと氷河を眺め、来た道を引き返しました。キャンプサイトに戻ったのは午後4時半ごろ。フェリーの時間には余裕を持って戻ることができましたが、もう右膝がボロボロ……

キャンプサイト~プエルトナタレス

さて、キャンプサイトに戻ってからフェリーでバス停に向かい、そこからプエルトナタレスに戻ります。フェリーの時刻表を見たら午後5時の便と午後6時の便がありました。午後5時の便に乗れそうだったので、キャンプサイトに預けていた荷物を受け取って船に乗り込みました。


ペオエ湖を横断してバス乗り場へ。天気は曇ってきましたが、船の上からはクエルノス・デル・パイネがきれいに見えました。
クエルノス・デル・パイネという山は見る場所(角度)によって見え方が変わるんですが、この角度が一番お気に入りです。個人的にはパタゴニアの山といえばフィッツロイでもトレス・デル・パイネでもなく、このクエルノス・デル・パイネが強く印象に残っています。

フェリーで対岸に着いた後はバスが来るまで1時間ほど待ちました。というか最終のフェリー(午後6時発のフェリー)に合わせてバスが迎えに来るので、最終のフェリーに乗ればよかった。。

プエルトナタレスに戻ったのは夜の10時ごろ。タクシーでレンタルショップへ向かい、ギア一式を返却してホステルに戻りました。

以上で3日間にわたるトレス・デル・パイネ国立公園のWトレックは終了です。
次回、総括編に続きます。