海外旅行を満喫するなら英語は必須!


前回は英語初心者が海外旅行をする方法を紹介しました。

一方、英語がうまければ海外旅行中にできることがさらに広がっていきます。今回は英語中級レベル以上になるとどんな体験ができるのかを紹介しようと思います。

ドミトリーで他の旅行者と交流する

基本的にドミトリーを利用する人は英語を話せます。彼らと何気ない話をするのは旅の醍醐味のひとつ。中級以上の英語力が要求されます。

というと難しそうに聞こえますが、話すことは大体決まっていて、名前、出身国、どれぐらい旅行しているのか、どの国に行ったことがあるのか、どこが良かったか ぐらい。

つたない英語でもいいのでこれらを言えるようにしておくといいと思います。


現地ツアーに参加する

 たとえばモロッコのサハラ砂漠。砂漠に入ってラクダに乗ってテントで一夜を明かす なんてことをしようと思ったらツアーに参加する必要があります(個人でも行けるかもしれないけど、たぶんすごく大変)。

日本人の添乗員がついてくれるツアーもありますがかなり高額になるため、できれば現地ツアーに参加したいもの。そのためにはネットで英語で予約するか、現地で旅行会社を訪れて英語で料金交渉をして予約する必要があります(現地で交渉したほうが間違いなく安いです)。

さらにツアー中、ほかの参加者やガイド、ドライバーとの会話は基本的に英語。英語ができないとツアーを楽しめないどころか、集合場所や集合時間がわからないなどトラブルになりかねません。文法的に正確でなくても流ちょうでなくてもいいので、言いたいことを言える・聞きたいことを聞けるレベルが求められます。

英語でコミュニケーションをとれると、1週間など長期にわたるツアーではツアーメイトとかなり仲良くなれます。インスタのアカウントを共有したり、WatsApp(ヨーロッパ・南米で使われているLINEのようなアプリ)の連絡先を交換して写真を共有したり。

ツアーから帰ってきた後で彼らの母国を訪れた際に、家に泊めてくれたり観光案内をしてくれたツアーメイトもいました。

Couch SurfingやAirbnbで現地の人と交流する

有料または無料でホテルではない民家に滞在できるこれらのサービス。コミュニケーションは現地の言葉か英語が基本となります。

現地の生の生活を味わえたり、穴場の観光地を教えてもらったり、郷土料理をふるまってもらったりとコアな体験ができます。
(Couch SurfingやAirbnbはそのうち体験談など紹介します)

ウォーキングツアーに参加する

海外の主な都市ではだいたい無料のウォーキングツアーが開催されています(無料といいつつチップが要求されますが……)。言語は英語かスペイン語。街の見どころを2~3時間でざーっと案内してくれるため非常に便利です。

問題はガイドの英語を聞き取れるかどうか。特に英語がうまいガイドはペラペラ早口でしゃべる傾向にあるため、中級者でも聞き取るのは至難のワザです。ツアー会社はいくつかあるので、なるべく経験豊富なガイドがそろっていそうなところを選ぶといいと思います。

学習型のミュージアムを満喫する

たとえばヨーロッパには国の歴史や第二次世界大戦、冷戦を紹介するミュージアムが多数あります。たいていは展示物近くのボードに英語で説明書きがありますが、滅多に使わない単語があったり説明が長かったりするため、高度な読解力が要求されます。

音声ガイドやガイドツアーも日本語に対応していない場合があるので、その場合は高度なリスニングレベルが要求されます。

想定外の出来事に対応する

旅先ではハプニングが起こることも珍しくありません。僕の実体験としては、空港でチェックインしようとしたら予約が完了していないと言われ、それから代理店とエアラインに電話して、彼らの板挟みにあいつつも何とか予約しなおしてフライトに間に合わせるとか。

このような場合は文法的に間違っていたり発音が下手でもいいので、言いたいことを伝える必要があります。

なお経験上、相手が英語のノンネイティブのほうがスムーズに会話ができます。お互いに英語が完全ではないので、わかりやすく話そう・聞き取る努力をしよう という力学が働くためです。

一方で相手がネイティブの場合、向こうは普段使いの英語を話してくるためリスニングが非常に困難です(特にアメリカ人相手が一番大変)。「何言ってんのかわかんないよ。通訳必要?」みたいにあしらわれてしまうことも。

最後に

少なくとも旅行者の間では英語は共通語。日本人にとって習得するのは難しいですが、話せるようになれば世界中の旅行者と会話ができるようになります。こんなに便利なものはありません!海外旅行が好きな方は簡単な会話だけでもできるようにトレーニングすることをおすすめします。